menu

工夫することで

工夫することで得られるメリット

笑顔の女性

脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸がありますが、オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種です。 オメガ3脂肪酸は、血液中にある脂質の濃度を下げる効果があると言われているので、高い人気を誇っています。サバやサンマなどの青魚にはDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸が豊富に含まれていますし、えごま油やしそ油、緑黄色野菜など色々な食品にも含まれています。 毎日オメガ3脂肪酸を摂取することが望ましいですが、食品からだけでは摂り続けるのは難しいため、DHAやEPAなどのサプリメントなどを利用することも効果的です。

現在の取り組みやトレンド

オメガ3脂肪酸は生活習慣病だけではなく、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を改善したり、認知症の予防などにも効果があることがわかっています。 認知症を発症すると記憶力や判断力の低下が症状として現れますが、DHAやEPAなどには脳を活性化する効果があるため、記憶力や集中力がアップすると言われています。 現在の日本は急速に高齢化が進んでいるため、今後も認知症を発症する高齢者が増えることが予想されているため、認知症にならないよう予防することが大事になってきます。 不飽和脂肪酸には米や卵、肉類などに含まれているオメガ6もありますが、現在の日本人は必要量以上に食品からオメガ6を摂取していると言われています。 そのため健康に過ごすためには、オメガ6を減らしてオメガ3脂肪酸を多く摂取する工夫が必要になります。